デトランスαとドリクラ―の違いは何?!使い方や効果はどう違う?

脇汗に効果があるデトランスαのような塩化アルミニウム液を調べていると、ドリクラ―(Driclor)という商品が出てくることがあります。

このドリクラ―という商品は制汗剤のひとつですが、デトランスαとどう違うのか説明したいと思います。


塩化アルミニウム液のドリクラ―(Driclor)について

ドリクラ―も塩化アルミニウム液で制汗剤と発売されている商品です。

ドリクラーの詳細はこちらです。

  • 製品名:ドリクラ―
  • 英語名:Driclor
  • 原産国:イギリス
  • 成分:水、塩化アルミニウム、エチルアルコール
  • 塩化アルミニウム濃度:20%(185mg/ml))
  • 効果:汗腺を塞いで汗を止める

デトランスαとドリクラ―の違いは何?!使い方や効果はどう違う? 1


デトランスαとドリクラ―の成分の違いは?

デトランスαとドリクラ―の違いはどんなところにあるのでしょうか?

塩化アルミニウムの成分について

塩化アルミニウムの濃度はデトランスアルファは20-25%と言われており、ドリクラ―の場合は20%です

塩化アルミニウム以外の含有成分について

デトランスαは特許取得の汗腺システムと言われる特殊配合がされていてたくさんの成分が入って構成されています。

一報、ドリクラ―については、

  • アルコール
  • 塩化アルミニウム

とかなりシンプルな成分構成です。日本のオドレミンに似たものになっています。


ドリクラ―の使い方について

ドリクラ―の使い方については、このように指示されています。

「使う前には、塗布部位全体をいつも乾かします(でなければかゆみが発生します)
最初は寝る前の最後にやることとして毎日塗布します。朝、洗い流して、日中に使うことはしません。いつもどおり普通のデオドラントは使ってください。

2週間後、かなり汗が改善していることに気が付くでしょう。一度日中の汗が止まったら、1週間に2回など少なく使用を減らすことができます」

この使い方はデトランスαと全く同じですね!!

ドリクラ―もデトランスαも基本は寝る前に塗布です!それは、寝ているときが一番汗腺の活動が静かになるために、汗腺に入り込んだ塩化アルミニウムが反応して栓を形成するのに好都合だからです。

脇汗などがすごい人は日中に塗っても、すぐ出てくる汗で流れちゃうよ!って思うと思いますが、まさにその理由です。寝る前にもしも汗をかいちゃったら、脇だけはもう一度洗ってタオルで拭いてから塗布しましょう。

しっかり乾かすことが塩化アルミニウム液の効果をアップさせる方法です。ドライヤーの冷風で乾かすのがおすすめです。


ドリクラ―とデトランスαは手汗や顔汗にも効果がある?

デトランスαとドリクラ―で得られる効果はほぼ同じです。

汗腺に塩化アルミニウムが浸透して反応、結晶を作って発汗をブロックしてくれます。これはオドレミンなどの他の商品でも同じ原理となります。

絵にするとこのような感じです。

デトランスαとドリクラ―の違いは何?!使い方や効果はどう違う? 2

エクリン腺、アポクリン汗腺にも効果があり、汗がでなくなりますのでワキガなどの臭い予防にももちろん効果があります。

ワキガの原因はアポクリン汗腺からの汗が雑菌と反応して臭いを発するものですので、汗そのものが減れば臭いも減らすことができます。

ドリクラ―やデトランスαのような海外製品は、多汗症と言われるレベルのすごい汗にも効果があります。日本の脇汗ブロックと書いてある市販品でまったく効果がなかった人にも効果があると断言できる製品です。

また、塩化アルミニウム液はかゆみが伴うのが欠点ですが、使用場所は選びません。頭にも使うことができますし、顔にも使うことができます。

しかし目などがある顔に使う時は注意してください。垂れたりしないようにコットンに塗布してから使用することを推奨します。


お隣韓国ではドリクラ―が主流?

実はお隣の韓国では塩化アルミニウム液はドリクラ―が主流で、デトランスαはありません。

もともとデトランスアルファは日本での販売名ですので、日本だけなんですよね。オリジナルの名前はパースピレックス(perspirex)です。

ドリクラ―は韓国でも市販はされていない製品で、医師の処方が必要な製品になっているんです。薬局で買えるという情報もありますので、韓国旅行へ行った場合はドリクラ―を買ってかえるのも良いかもしれませんね^^

こんなパッケージです。드리클로(ドリクラ―)という韓国語での表示もされています。

デトランスαとドリクラ―の違いは何?!使い方や効果はどう違う? 3

正直どっちがかゆいの?

塩化アルミニウム液で切っては切れない話が「かゆみ」です。

デトランスアルファとドリクラーの両方を使ったことがありますが、かゆみはドリクラーのほうが強かったです。

ドリクラーのかゆみに比べたらデトランスアルファはほとんどないと言ってもいいかもしれませんね。これはやはり成分の違いからくるものになります。


まとめ

デトランスαとドリクラ―の違いについてお分かりいただけましたでしょうか?

汗に悩んでいるのであれば正直どちらも最強の制汗剤であることは間違いありません!!ドリクラ―はネットでも公式販売がされていませんので、アマゾンやヤフオクなどのショッピングサイトを使う必要がありますが、もしも販売していたら迷わず買ってOKです!!

デトランスαももちろんおすすめの最強制汗剤です。今なら公式ページで、通常品と敏感肌用が2個セットで1個の値段(つまり1個半額)で購入できるの、デトランスαがお得でおすすめです。


初回が999円(税込)で2個!お得な定期コースもおすすめ!
↓クリック↓

デトランスαとドリクラ―の違いは何?!使い方や効果はどう違う? 4 デトランスαとドリクラ―の違いは何?!使い方や効果はどう違う? 5

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

デトランスαワキ用デトランスαとドリクラ―の違いは何?!使い方や効果はどう違う? 11
デトランスαワキ用デトランスαとドリクラ―の違いは何?!使い方や効果はどう違う? 12

おすすめ記事

あなたにおすすめ記事