デトランスαの敏感肌用(緑)と通常品(青)の違いについて

デトランスα(パースピレックス)には青色のパッケージの普通肌用と、黄緑色のパッケージの敏感肌用があります。

この2つの商品の違いはなんでしょうか?どのような基準で選べばいいのかわかりませんよね。


 わたしは何を選べば汗を止められるのー!!?

実際のところ、肌が強い・弱い、デトランスαがどこまでかゆくなってしまうか、というのは個人差があります。わたしの考えですが、まずは青色の「デトランスアルファ普通肌用」から試して見ることをおすすめします。

2個セットでお得!普通肌用と敏感肌用が1個の値段で買えます!!
↓クリック↓

夜塗るだけで翌日ワキサラサラ【デトランスα】 デトランスαの敏感肌用(緑)と通常品(青)の違いについて 1

デトランスαの敏感肌用とは?

デトランスαは、青色の普通肌用(オリジナル)があり、これが通常品となっています。

それに対して、敏感肌用というものも売られていて、ロールオンの色が緑色の商品になります。
海外のもともとの商品であるPerspirex(パースピレックス)では、「コンフォート」という商品になります。

デトランスα敏感肌用
デトランスα普通肌用

デトランスαの敏感肌用と普通肌(通常品)の違いは何?

この2つは意外と大きな違いがあるんです。

デトランスαはアルコール(エタノール)を殺菌のために含んでいますので、敏感肌用はアルコールフリーなのかな?濃度が低いのかな?と思いますが、配合されている成分が意外にも結構違うんですよ。


 デトランスαの敏感肌用と普通肌は成分が結構違う!

デトランスα敏感肌用(緑)の成分

敏感肌用はパースピレックスではComfort(コンフォート)という名前になっています。快適とか心地よいとかそのような意味になります。

デトランスαでは敏感肌用となっていますが、要はより刺激がマイルドなもの、ということになりますね。

含まれている成分はこちらです。

  • Alcohol Denat(変性アルコール)
  • Aluminum Chloride(塩化アルミニウム)
  • Calcium Lactate(乳酸カルシウム)
  • Hydroxpropylcellulose(ヒドロキシプロピルセルロース)
  • Hydrogenated Castor Oil(ヒマシ硬化油)

敏感肌用の効果継続日数は3~5日と公式では言われています。


デトランスα普通肌用(青)の成分

普通肌用はパースピレックスではOriginal(オリジナル)という名前になっています。基本と言う意味合いで考えてよいでしょう。

  • Alcohol Denat(変性アルコール)
  • Aluminum Lactate(乳酸アルミニウム)
  • Aluminium Chloride(塩化アルミニウム)
  • Cyclopentasiloxane(シクロペンタシロキサン)
  • Glyceryl Stearate(ステアリン酸グリセリル)
  • Cetyl Palmitate(パルミチン酸セチル)
  • Hydrogenated Mircrocrystalline Wax(水素化微結晶ワックス)
  • Hydrogenated Castor Oil(ヒマシ硬化油)

マイルド版ではありますが、効果持続期間は3-5日と敏感肌用と同じです。

敏感肌用にはアルミニウム系は塩化アルミニウムの1種類に対して、普通肌用(オリジナル)については、乳酸アルミニウムと塩化アルミニウムの2種類が配合されています。

乳酸アルミニウムは肌や皮膚の収れん作用があり、歯磨き粉などにも使われています。塩化アルミニウムは、この制汗剤の肝となる成分ですが、強い収れん作用があり汗を止めるための主成分になっています。

オリジナル(普通肌)とコンフォート(敏感肌)で、アルミニウム系以外で違う部分は、増粘剤、合成界面活性剤、光沢剤などが含まれていないことになります。

私個人的な見解ですが、これらの使用有無によって、デトランスαそのものの使い心地に大きく変わらないのかな、と思っています。

つまり、かゆみに困る人が敏感肌用を使うことで劇的にかゆみや赤みがなくなることは、低いのかなと思います。

シリコンオイルや油剤、界面活性剤などに対して肌が弱い方は敏感肌用を使用することに意味があると思います。

塩化アルミニウムによる汗止め効果の持続期間も3-5日と同じですので、塩化アルミニウムの効果としては大きな差は感じないかもしれません。

逆に、塩化アルミニウム6水和物としての濃度は、敏感肌用(コンフォート)のようが15%と高いんです。普通肌用は10%です。


 併せて読みたい! → デトランスαの成分や種類、塩化アルミニウム濃度について


デトランスα敏感肌用をお得に購入しよう

これで、普通肌用(青色オリジナル)と敏感肌用(緑色コンフォート)の違いがお分かり頂けたかと思います。

最近、添加物フリー、シリコンフリー、パラベンフリーなどの美容・化粧品が多いですが、このようなもの対して意識が強い方は、敏感肌用(コンフォート)が良いでしょう。

アルミニウムの相含有量としては、普通肌用(青色オリジナル)のほうが高くなりますので、【汗を止める】ことに、より効果があるほうを使いましょう!


 あなたがしたいことは汗を止めること!どっちも試すが吉!

肌にどちらが合うかは十人十色で試して見ないとわかりません。

ありがたいことに普通肌用と敏感肌用がセットになって2900円というお得に買えるキャンペーンがありますので、ぜひこちらを利用されてみてください。

楽天で敏感肌用のパースピレックス1本が2400円~2900円位になるので、1本半額で購入できる計算です。

2個セットでお得!普通肌用と敏感肌用が1個の値段で買えます!!
↓クリック↓

夜塗るだけで翌日ワキサラサラ【デトランスα】 デトランスαの敏感肌用(緑)と通常品(青)の違いについて 1

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

デトランスαワキ用デトランスαの敏感肌用(緑)と通常品(青)の違いについて 5
デトランスαワキ用デトランスαの敏感肌用(緑)と通常品(青)の違いについて 6

おすすめ記事

あなたにおすすめ記事